グラブルおじさんの手記

グラブルの事だけに留まらず、プライベートも切り売りしていく所存です。攻略の手立てにはおそらくなりませんが、暇つぶしの読み物としてご利用ください。最近は投資に夢中です。ツイッターはこちら@nao415_gbf

仮想通貨とハイローオーストラリアで貯金を全額溶かしたおじさんの投資について思うところ

 

どうも、おじさんです。

 

ここまで投資を始めて1年経ち、貯金を全額溶かしてしまったから分かる、おじさんの思った事を書いていこうと思います。

 

まず、「投資はある程度まとまった資金がある人がやるものであって、300万円以下のはした金でやるものではない」ということ。

 

おじさんは初期資金35万円を仮想通貨に突っ込むところからスタートし、追加で約35万円程、ハイローオーストラリアに入れましたが、全て溶かしてしまいました。

 

やはり初期資金が少ないと、減っていく事に耐えられなくなり、取り戻さなければという謎の感情に取り憑かれてしまいます。

 

そうなってはもうダメ。負のスパイラルに巻き込まれていってしまいます。

 

ちょっとお金のかかる娯楽をやっているんだ。くらいの気持ちでやれない限り、必ず破産します。

 

もちろん、必死に勉強をして勝率を上げるために一生懸命になるのは必要ですが、お金を稼ごうと必死になると、気ばかりが焦ってロクなことになりません。

 

僕は幸い、借金までしてやりたいとは思わなかったので、貯金を全額溶かすだけで済みましたが、中には投資で借金をして破産申請をした。なんて人もゴロゴロいるそうなので、心に余裕を持つためにも、潤沢な資金の調達は必須です。

 

次に、「我慢の出来ない人には向かない」のかなと、個人的には思います。

 

例を挙げると、ソシャゲのガチャが我慢できず、出るまで回してしまう人、ギャンブル等ダラダラと一日やってしまう人、欲しいものはすぐ買ってしまう人等も危険だと思います。

 

こういう人は僕を含めて、間違いなく破産します。

我慢、妥協、納得が出来なければ投資では絶対勝てません。

 

なんならそれが原因で僕のように貯金を全額溶かしてしまいます。

 

我慢が出来ないと、ついついエントリーしてしまうとか、賭け金を増やして一発ドカンを狙ってしまったりとか、リスクの高い行動を取ってしまいがちに。

 

妥協が出来ないと、欲張っていつまでも相場にかじりつくように。

 

納得が出来ないと負けて熱くなりとことん勝負してしまったり。

 

こんな事を繰り返していると必ず破産します。

また、これらの事はもう性分なので後天的に修正することは不可能ではないかと思います。

出来るとすれば、飽きるまでやって、たまに暇つぶしでやるか、と言ったある種の境地に至る必要があるのかな、と、僕は思いました。

 

最後に、「慎重さのない負けず嫌いの人にはある意味向かない」のかなと思います。

 

これはいい方向に向かってくれれば、なぜ負けたのか、勝率を上げたいから分析やバックテストをやろう。と、投資家への成り上がりを補助してくれるものにもなり得るのですが、先にも書いた通り、

 

「負けた!損失が許せない!取り戻さなければ!」

 

という方面にメンタルが傾いてしまうともうダメです。

 

次こそは勝つ。勝てる。などと根拠の無い自信と、ここで負けたら貯金がなくなる。という焦りで冷静な判断が出来なくなります。

 

負けず嫌いは投資家になるための必要条件!などと聞きますが、それは自制心があり、慎重な性格であるという前提で話されているような気がしますね。

 

と、長々と書きましたが、まとめると、

 

・資金は最低でも100万円、可能なら300万円は無いとメンタルを保てない可能性が高い

・我慢や妥協、納得の出来ない自制心のない人は触ってはいけない

・大胆で且つ、負けず嫌いの人は極力やらない方がいい

 

という事になりますね。

 

逆を言えば、資金が300万円ほどあり、自制心がしっかりしていて、ほどよく負けず嫌いで分析等が苦にならない慎重な人であれば、適性は十分だと思います。

 

おじさんはしばらくの間、ダブルワークをしながら、また資金を貯めつつ、理解を深めて再挑戦をしようかなと考えてはいます。

 

そのままダブルワーク分を貯金した方が早い気もしますけどね(苦笑)

 

と、言うわけで投資には向き不向きがある!みんな、俺のようにはなるな!という事をお伝えして締めにしたいと思います。

 

では。